消費者金融の金利

消費者金融の金利が安いか?高いか?で言うと、銀行カードローンと比べると高いです。
その理由は、消費者金融は自らも銀行からお金を借りて運営しているため、その分銀行カードローンよりも金利が高くなってしまうからです。
その代わりに消費者金融は銀行カードローンより審査を通りやすいものにし、借りてもらいやすいようにしています。
銀行では審査が厳しいため申込んでも借り入れできない場合もありますが、消費者金融では銀行カードローン程には審査が厳しくないことと、パートなどの主婦やアルバイトの学生でも借り入れが可能なので、申込みしやすくなっています。
また、金利は14%〜18%など下限金利〜上限金利で幅を持たせて記載されています。
返済実績が多い人には下限金利が適用される場合もありますが、ほとんどの場合上限金利で見ていく方が確実です。
金利は実質年率なので、1年間借りた場合の利息を表しています。
例えば金利18%で10万円借りた場合は、1年で18000円の利息を払うことになります。
金利を使った、利用した日数ごとの利息の計算方法は「借入額×金利÷365日×借入れ日数=利息」です。
例えば10万円を借入れし、毎月5000円ずつ返済する場合は、金利18%と14%では完済までに5000円の差が生じ、返済期間は1か月の差が生じます。

金利を抑えて借入れをするためのポイント

無利息期間を活用すること

30日間無利息などのサービスで、あと数日後にお金が入る予定があるが急にお金が必要になり、手元の金額では足りない時などに便利です。
無利息期間中に完済すれば、金利は0円で済みます。
無利息サービスを受けるためには会社によっていくつか条件があり、初めての利用であること、メールアドレスの登録をすること、Web明細を利用すること、借入額は200万円まで、などがあります。
いずれも簡単な条件となっていますが、よく確かめて自分に合った会社を利用するのがポイントです。

繰り上げ返済を利用すること

予定していた月々の返済額よりも多く返済し、早く完済することで利息を抑えることができるので、金利が高い場合も負担を抑えられます。

月々の返済額を多く設定すること

返済期間が長くなればなるほど、低金利であったとしても利息の負担は増えていきます。
例え同じ金額を高金利で借りたとしても、早く完済した方が低金利で借りるよりも最終的に負担が少なく済むこともあります。

参考サイト

【専業主婦カードローンセレクト】家族に内緒!主婦の安心銀行借入
http://xn--lcki9a1cc5sf2cwec6643f9r4a8me930d.com/
専業主婦は消費者金融で借りることはできませんが、銀行カードローンであれば融資が受けられます。
専業主婦でも融資を受けられるカードローン会社はこちらで紹介されています。
借りられる金融機関だけでなく金利についてもまとめられているので、安い金利で借りたい方の参考になるサイトです。